COLUMNコラム

【記録をして痩せる?】レコーディングダイエットのメンタルへの影響

みなさまこんにちは。メンタルトレーナーの森下です。

この間、新年の挨拶をしていたと思ったらあっという間にもう4月です。
新年度が始まるタイミングで新しい環境、新しいチャレンジをされている人も多いかと思います。

普段のルーティンが崩れやすくなることに加えて、季節の変わり目で気温の変化も大きいので、
コロナを始め体調には十分に気をつけてくださいね。
(森下はちょっと花粉のピークも過ぎ去った感があるのでホッとしています…)

さて、今回のコラムは
「ダイエットしているのになかなか痩せられない」と悩んでいる人に向けて書いてみました。

ダイエットで痩せないのは必ず「何かしらの原因」があるはずなんです。
その原因がわからなければ成果は出づらく、継続していくことも難しいですよね。

ダイエットがうまくいかない原因を見つけていくために必要なことを紹介させていただきます。
それではどうぞご覧ください!


ダイエットをしてるのに痩せない

「ダイエットをしてるのに」なかなか結果が出ずに痩せないと悩んでいる人は結構多いはず。
結果が出ないのは至ってシンプルで摂取カロリーが消費カロリーよりも大きいということです。

理由がシンプルだからなのか、ほとんどの人が「夜は炭水化物を抜く」「とりあえずジムに通う」
といったように大体の感覚で取り組んでいるのではないでしょうか。

ダイエットをしているのに痩せないのには、痩せない理由が必ずあるはずなのです。

その原因を突き止めることができなければいつまで経っても軌道修正はできませんよね。

そこでオススメなのが日々の活動や食事の内容、体重などを記録することです。
つまり「レコーディングダイエット」と呼ばれるものですね。

レコーディング(記録)が良いというのは何もダイエットに限った話ではありません。
僕がサポートしているスポーツ選手にはトレーニングノート(日記)を必ずつけるようにしてもらっています。

メンタルトレーニングをしていても記録をつけていないとメンタルトレーニングの効果を十分に得られない、
と言っても過言ではありません。

トレーニングノートを書いてもらう目的としては以下の3つがメインです。
①目標と現在地を確認する
②客観的に自分を見つめる
③小さな成長や変化を見逃さない

この3つをおさえることで、自分を知り、自分に合ったペースや方法で取り組むことができますし、
モチベーションを持続していくことができるようになります。

スポーツに限らず、ダイエットでも共通することですので、
騙されたと思ってノートを用意することをオススメいたします。

では、一つずつ解説していきますね。

目標と現在地を確認する

その昔、船乗りたちは航海をしている時に自分達の居場所を確認するための方法として、
コンパスと航海日誌を用いていたそうです。

僕の大好きなマンガ「ONE PIECE」でも、航海をする際にコンパスを使って次の島に向かう描写がされていますよね。

出発地からどの方角へ行けば目的地に着くのかをコンパスで見極め、
海の上から見える景色や星の位置を航海日誌に細かく記録して自分達が現在どの場所にいるのかを確認します。

コンパスがなければそもそも違った方向へ進んでしまいますし、
航海日誌に記録をして確認をしなければ、途中で方向がずれていたとしても気づかずに進んでいってしまいます。

ダイエットしてるのになぜか痩せない人というのは、
航海の途中で居場所がわからずに遭難しているのと似たような状況です。

目的地にたどり着く(目標を達成する)ためには、
今の状況と目的地の場所を照らし合わせて
「今進んでいる方向はこれでいいのか」
「違っていたらどの程度修正していけばいいのか」
「なぜ方向がずれてしまったのか」
といったことを記録して振り返ることが必要なんです。

ちなみにですが…

僕が担当しているダイエットメントレでは、
その日の体重、体脂肪や食事や運動の内容などを記録して共有してもらうようにしています。

そして週に1度はオンラインで10分から15分くらい面談をする時間を作り、
今の現状と目的地にたどり着くための道のり(プラン)の確認をしたりしています。

詳細はこちらの記事の<ダイエットメントレ例③>をご覧ください!

客観的に自分を見つめる

記録をつける目的のその2は客観的に自分を見つめる機会を作るためです。

先ほども先述した通り、体重や体脂肪、運動や食事の内容といった記録を取るのはもちろん、
その時に自分が「どう感じていたのか」といったことも併せて記録をしていくと良いでしょう。

と言いますのも、基本的に人は感情で行動をする生き物だからです。

ダイエットをしようと思っているのになかなか始められない、
ダイエット中なのにお腹が減って食べすぎてしまう、
運動しようと思ってもダルくてゴロゴロしてしまう…

というように頭では「ダイエットをしよう」「痩せて健康になったほうがいい」と思っているにもかかわらず、
「お腹がすいた」「面倒臭い」「ガマンは辛い」という感情に負けてしまっています。

そして一番危ういのが自分の感情に気づかずに(目を向けずに)、
感情に振り回されてしまっている状態になっていることです。

「今日くらい食べてもいいか」とか「今日くらい運動サボっちゃおう」というような
目の前の誘惑に負けずに行動していくためには、自分の感情に気づいた上で、
思考と行動をコントロールしていかないといけません。

思考と行動をコントロールするテクニックは長くなってしまうのでここでは割愛しますが、
そもそも「自分が今どう思っているのか」という感情に気づかないことには、思考と行動はコントロールできないんです。

「記録する」というとちょっとハードル高いな…と思う方は、体重管理のアプリなどを活用しても良いかもしれません。
※検索してみると無料のものが色々と出てきますよ!

「今日はどうしてもお腹が空いてしまって、今日くらいはいいかなと思って◯◯を食べてしまった。
その後に、すごい罪悪感が残った。」

程度のことでも良いと思います。

このような感じで書き出してみると
「我慢できずに食べてしまうと後で罪悪感残るんだな」
と客観的に自分を見つめることができるんです。

そういう意味では「記録をつけること=セルフコントロールの第一歩」とも言えるわけですね。

日々の小さな変化を見つめる

記録をつけていくことで良いことも悪いことも自分の変化を客観的に感じられるようになります。

ダイエットを始めた当初というのは体重の変化も大きく、特に記録をつけずとも進歩を確認しやすいものです。
ですが、少しすると当初の勢いも停滞してきて、変化が見えなくなってくると
「こんなに頑張っているのになんで減らないんだ…」
とモチベーションも下がってきてしまいますよね。

先ほどの「目標と現在地を確認する」の箇所でも書きましたが、
少しでも目標に近づいていると感じられれば、目に見えての変化がなくとも
「もう少し頑張れば成果が出てくるはず」と頑張れるようになってきます。

ちょっとでも前に進んでいるのと全く進んでいないのとでは大違い。

特に人は「ネガティブバイアス」といってポジティブな情報よりもネガティブな情報に意識が向きやすくなっています。
なので、意識的に「前に進んでいるかどうか」を確認しないと「全然前に進んでいない」ように感じられてしまうんです。

ダイエット中の変化は何も体重といった目に見えることだけではありません。
「たくさん食べなくてもお腹が減らなくなってきたな」とか、
「肌の調子が良い」「身体が軽く感じる」といった体調面でも変化はあるでしょう。

ダイエット以外でもよく眠れるようになった、集中力が続くようになったという変化も
ひょっとしたら出てくるかもしれません。

このように意識的にポジティブな情報を集めて、
小さな努力が少しずつでも結果に繋がっていると思えることでモチベーションが持続しやすくなるのです。

記録をつけるという作業は正直面倒くさいところもあるかと思いますし、
結果に直結するかと言われればそうではないかもしれません。

ですが、目標達成の可能性を高めていくためにはとても効果的ですので
まだ記録をつけていない方はぜひ試してみていただければと思います!


●さらに詳しくメンタルトレーニングについて知りたい方やパーソナルカウンセリングをご希望の方はこちらをご覧ください

個人カウンセリング

<お知らせ>

●ダイエットメンタルトレーニングの詳細はこちらをご覧ください。

●オンラインカウンセリング(メンタルトレーニング、コーチング)もどうぞ、ご利用ください。
詳細はこちらをご覧ください。

 

※小高の対面カウンセリング(カウンセリング、メンタルトレーニング、コーチング)、
メールカウンセリングはご紹介制となっております。
オンラインカウンセリングにつきましては、通常のお申し込みでご対応させて頂いております。

Writing by 森下

オンライン
カウンセリング
カウンセリング予約