BLOGブログ

ケースカンファレンス(社内勉強会)

皆さま、こんばんは!
代表の小高千枝です。

毎月、社内会議のひとつとして
担当しているケースのシェア(秘密保持義務のもと)を行い
多角的な視点で、クライエント様のサポートをするため
勉強会を行っています。

オフィスで参加するメンバーと
地方や海外にいるメンバーはZOOMで参加。

便利な世の中だなぁと感じる日々です。笑

実際に会うことの意味の大切さももちろん理解しております。
対面で話をすることで、表情や声色などノンバーバルな面から
心の状態やあり方なども読み取れますし

相手の本質への寄り添いも、実際に会うことに勝るものはありません。

ただ、信頼関係のもとに本質をカメラの前で出せることもあります。
私自身、定期的にセッションをしている海外のクライエント様とは
帰国時に対面でお会いし、海外へ戻られた後はオンラインでセッション。

場所や環境が変わっても、通常と変わらずにセッションが展開できていることも感じます。
※長いお付き合いのクライエント様や、信頼関係が築けた方によりますが。。。

今月の定例ケースカンファレンスではカウンセリングとメンタルトレーニング領域の
両面からディスカッションができました。

小高千枝メンタルヘルスケア&マネジメントサロン

【カウンセリング領域】
・クライエントとの多重関係の再認識(心的距離感)
・生物・心理・社会システムとして当事者を取り巻く環境分析の必要性
・問題視していること以外へのリフレーミング
・他者の指示や他者評価を得るための承認欲求ではなく
(クライエントの)自分の意識として経験できた達成体験・成功体験を見出す

【メンタルトレーニング領域】
・私たちが携わるべき「枠」の意識
・結果へフォーカスしすぎていること。過程(プロセス)を大切にできていないことの再認識
・体癖やエゴグラムを使用しての性格傾向分析を行い、自分にあった目標設定をすること
・ゴールを設定し、ゴールに向かうべきか、
サブゴールを設定し小さな目標からクリアにするべきか、対象者にあったサポートをする
・ルーティンの必要性、意味

私はSV的に関わっていますが、所属カウンセラーの視点や思考癖を知ることにもなりますし
何を今後、メンバーへ伝えていくべきか。。。考えるきっかけにもなります。

2019年のケースカンファレンスは終了致しました。
今年の学びをまた、2020へ。。。
引き続き、精進して参ります!!!

ご予約はこちら