COLUMNコラム

【ダイエットメンタルトレーニング】精神科医より推薦コメント

みなさまこんにちは。
所属メンタルトレーナーの森下です。

この度、4月10日に「ダイエットメンタルトレーニング」をリリースさせていただくこととなりました。

弊社のダイエットメンタルトレーニングのプログラムは、
一般的なダイエットのように体重を減らして外見を良くすることだけにフォーカスしたものではなく、
ダイエットを通じて在りたい姿・心満たされる生き方を実現するためのプログラムです。

「ダイエットが上手くいかない!」そういった経験をされたことはありますか?
上手くいかないのはダイエットの方法よりも自分自身の「心」に原因があるからかもしれません。

そのような心の弱さはダイエットだけでなく仕事やプライベートにも影響を及ぼします。
ダイエットを通じて自身と向き合い心を鍛えていくことで、
仕事やプライベートもより良い方向へ進めるようになっていきます。

このプログラムをリリースするにあたり、弊社所属精神科医より推薦メッセージをお伝えさせていただきます。

ぜひご覧いただけましたら幸甚でございます。


【所属精神科医T.S】

数ある精神疾患の中でも、致死率が高いことから特に重要視すべき疾患があります。
それは一体何でしょうか。

意外かもしれませんが、その答えは摂食障害(中でも神経性やせ症)です。
放置すれば10%は若年死亡するとも言われる、非常に危険な病気です。

それ故に、ダイエットと精神科は、実は深い親和性を持っています。

摂食障害になってしまう原因は様々ですが、その典型的な病理の核には、
「自分に価値も自信も見いだせず、自己の身体と精神を完璧に制御することで有能感と安心感を得ようとする」
というパーソナリティが存在していると言われています。

体重は必ず「数字」という絶対的で分かりやすい指標で表されるので、
自分の頑張りを把握しやすいことも、患者さんが体重頼みになってしまう原因の1つです。

このように、摂食障害と呼ばれるほどの減量には危険が伴います。

しかし、この病気を引き起こすパーソナリティを改めて考えてみると、
逆に「適切なダイエットを行うことは自信に繋がる」という1つの答えも導き出すことができます。

さて、ダイエットは

今の体重から目標体重を決める

必要なカロリーや運動量を調べて実践する

体重がどう変化するかを評価する

上手く行かないときは食事や生活習慣を見直す

というステップを踏みますが…お気づきでしょうか。

実はダイエットには、自己実現のために必要な要素がとってもバランス良く含まれているのです!

すなわち、

・まず現状を知り、目標を立てるというステップを踏む
・目標達成に向けて必要な情報を集め、実践する
・自分の努力を具体的かつ客観的に評価できる、分かりやすい指標がある
・その結果のフィードバックから戦略を練り直す

つまり、正しいダイエットというのは、「理想の自分を手に入れる」感覚を
身を以て実感するための1つの手段になり得るということです。

最終目標を「ただ体重を減らすだけ」に設定するなんて、そんな勿体ないことはやめましょう。

ダイエットを通じて、自分と対話し、理想の自分に気づくこと。
適切なステップを踏み、目標を達成することで、真の自信と自己実現力に繋げること。

是非、メンタルトレーナーの力を借りて、ダイエットの「真の恩恵」をその手で掴み取ってくださいね。

所属精神科医T.Sのプロフィールはこちらから

ダイエットメンタルトレーニングはこちらから

カテゴリー:
オンラインセッション
カウンセリング予約