BLOGブログ

7月のはじまり「主体的に自分自身の人生と関わる時間を」

皆様、こんにちは
メンタルヘルスケア&マネジメントサロン代表・公認心理師の小高千枝です。

7月がはじまりました。
そして、2021年も半年を過ぎました。

コロナ禍であること自体は昨年とは変わらないものの、空気感が違う梅雨時期を迎えています。
オリンピック開催のことで世の中が騒がしくなっていますよね。
本来でしたらポジティブな意識で騒々しくありたかったと思いますが、他罰的世な世の中の動きを冷静にみつめながら
言動や物事の選択を状況にあわせて見誤らないように、おひとりおひとりが責任感をもって関わっていかなくてはいけないと
改めて感じております。

さて、7月はじめの記事は「人生と主体的に関わる」ことについてお伝えさせて頂きます。


誰かの「せい」にすることはラクだけれど、どこかで壁にぶつかる

先日登壇をさせていただきましたオンラインイベント
MASHING UP「Women’s Well-being Updates 2021」
女性のウェルビーイングをテーマに”インポスター症候群”についてトークセッションをさせていただきました。

詳しくは改めてご報告記事を書かせて頂きたいと思いますが

トークセッションの中で
「メタ認知コントロール」を大切に「主観」「主体的」に自分自身の人生に関わり
長期的な幸福感を手にしていくことの必要性についてお伝えさせていただきました。

私自身、常にパーフェクトな状態で日々を過ごしているわけではございません。
人間ですから、疲れるとイライラもしますし、睡眠不足ですと普段よりも笑顔が少なくなります。
生理前には心身の不調を訴えることもありますし、コミュニケーションをとりたくないと思うこともあります。

ただ、そういった時の心にかかる「モヤモヤ」にすぐに気付き
心が豪雨になる前に早期ケアを心がけ、しとしと雨程度の時点で未然予防に踏み切るため
問題が悪化せずに済んでいるのです。

また「モヤモヤ」の最初の「モ」と「ヤ」を感じる時は、周囲の人に対して違和感を感じることや
自己防衛の強さから他罰的になりそうになってしまう自分に気付きます。
一度、生身の身体の自分から離れるように(幽体離脱や箱庭の中にいる自分をみつめているようなイメージです)
別の角度から自分をみつめ、「そこの千枝さん。何をやっているんですか?」とメタ認知で自分と対話をします。

「あっ。私、自分と向き合えていなかったな」
「誰かのせいにして、この場から逃げようとしていたな」

そういった自分を受け止め、心と体の安定をまってから軌道修正
本来の自分を取り戻してからで遅くありません。そこから問題の本質と向き合うようにしています。

誰かのせいにする。誰かを責めることは簡単です。ただ、それで解決すればいいのですが
どこかに「モヤモヤ」が残り、同じような問題(壁)にぶつかった時にまた、同じことを繰り返すようになります。
一度、逃げずにしっかりと向き合うと、問題の解決能力が身につき、心身の回復力も高まりますからね。

自分の人生と主体的に関わるようになると更に面白いことが起こる

誰かに寄り添い、誰かのために生きることは素晴らしいことです。
そこに「私はこれがシアワセ」だと思う気持ちがあるかがポイントになってきますが。。。

私は基本的に体癖論の8種(自己犠牲的、仲間意識)と9種(職人気質、集中力)が性格のベースとなっていますので
自分が良い!と思ったことへの寄り添いや執着心がとても強い人間です。
しかし、寄り添う際に他者評価を気にしすぎるようになってしまうと主体性を見失うため
「モ」と「ヤ」が出てくると、「あれ?今って他者の評価を気にしすぎていない?」と自分と対峙します。

評価を全て否定しているのではなく、評価されることへの抵抗感や恐怖心などマイナスに働いている場合、視点を変えるようにしています。

自分のためだけに頑張れない性格です。
「会社のため」「スタッフのため」「家族のため」「パートナーのため」「さくらのため」
このような意識が自分の主体性を高めるきっかけになっていることを理解していますので
そういう自分をメタ認知し、主体的に関わっていくことで私自身のウェルビーイングが成立していくと感じているのです。

他者へ迷惑をかけることなく(〇〇な私だから仕方ないでしょ。とわがまま放題はいけません)
自分の本質を受容し、人生と主体的に向き合うと面白いように物事が展開していきます。
楽しい事ばかりではありませんが、選択を見誤らないようになるため、大変なことも乗り越える力が湧き出てきますよ。

私事ですが、この7月は公私ともに様々な動きが出て来そうです。
主体的に関わり、2021年の一度きりの夏を楽しみたいと思っています。

世の中は騒々しくはなっていますが、マイナスのことへ流されず、皆さんにとって正しい選択をする夏にしてくださいね。

今月も宜しくお願い致します!

(しばらく入院をしていましたウンベラータちゃんが無事に戻ってきました。植物たちの存在はとても大きいです。オフィスの植物たちとも主体的にともに生きていきます)

オンラインセッション
カウンセリング予約