COUNSELORS カウンセラー紹介

船山 のぞみ
心理カウンセラー
船山 のぞみNozomi Funayama

「一体どの自分が本当の自分なのか」という疑問を中学時代に抱き、探求していくうちに“心理学”という分野に辿り着く。

大学では臨床心理学を専攻し、主にカウンセリング技法、精神医学、精神分析学、児童心理学、家族心理学、認知心理学について学ぶ。
卒業論文では「人格形成に及ぼす遺伝的要因と環境的要因」について執筆。

自身が子ども時代に心理学に興味を持ったことから児童と接する心理の場に就職。児童が抱える問題の背景には、その親、夫婦関係、祖父母からの両親の育て方等さまざまな大人が関わっていること、さらにその大人たちも問題を抱えているということを学ぶ。
その経験から児童福祉の現場にプラスし、代表の小高サポートのもと「現代における男女関係の問題」(恋愛、結婚、不倫、対人コミュニケーションなど)について電話でのカウンセリングを始める。

児童と日常的な関りを持つ中で、それぞれの児童に見合った支援を習得。子育て支援についても活動の幅を広げている。

受容と共感を軸にして、スモールステップで目標に近づけるようクライエントの気持ちに寄り添うカウンセリングをおこなっている。

得意分野

親子間コミュニケーション(育児、発達障害)
男女問題(恋愛、結婚、浮気、コミュニケーションなど)
うつ、産後うつ、依存症
夫婦間コミュニケーション(妊娠、出産、子育て、など)
ストレス、コンプレックス、トラウマ
モラルハラスメント、DV、共依存
対人コミュニケーション(人間関係)
仕事、モチベーション、自己実現、自己分析
ライフスタイル、ライフデザイン、セルフケア、セルフコントロール

 

カウンセリング

~カウンセラーMESSAGE~
皆さま、こんにちは。
心理カウンセラーの船山のぞみです。

皆さんは悩みを抱えた時、どなたに相談をしますか?
ご友人、ご家族、パートナー。。。頭や心に思い浮かぶ方がいましたら、専門家の助けは必要ありません。
その方が安心できる存在として問題解決に寄り添ってくださることと思います。
これからもその方々との関係性を大切になさってくださいね。

ただ
「私、誰にも相談できていないかも」
「安心できる人がいないな。。。」
と思われた方

普段、抱えている身近な悩みは相談できる相手がいるけれど、実は

「誰にも相談できない悩みを抱えている」
「誰にも相談できない環境にいる」
「そもそも、誰に相談したらいいかわからない」

このようなお気持ちを感じられたようでしたら
一人で悩みを抱える必要はありません。

あなたの気持ちに寄り添い、“心理学”という科学的根拠に基づきながら、納得できる解決方法を一緒に見つけ出していきたいと考えております。

私は現在、子どもと日常的に関わる仕事もさせて頂いております。
日々変化のある子どもたちの心と向き合い、大事な時期を共に過ごすことで、いかにご家庭でのコミュニケーションが大切かを実感しております。

子どもと日常的に関わることで、お子様を支える親御さんの大変さも日々痛感しております。

発達障害を抱えるお子様のお悩みや、幼少期から思春期の子育てに関するお悩みなどについても、お気軽にご相談ください。

皆さまが、笑顔で心健やかな毎日を過ごせるお手伝いをさせていただきたいと思います。

オンラインセッション
カウンセリング予約